産後に後悔しないために【妊娠線の予防法を知ろう】

お腹は優しい力でお手入れ

化粧品

お風呂上がりのお腹ケアを

一度出来てしまうと簡単には消えないのが妊娠線であり、予防クリームの正しい塗り方でお手入れをしておく必要があります。早い段階からのお手入れをしておくことで、妊娠線を予防することにもなりますし、出産をしてからお腹の肌で悩むこともないです。クリームの正しい塗り方は効果的な塗り方にも通じますので、妊娠線予防クリームは毎日のスキンケアに取り入れていきます。直にクリームをお腹の肌につけるのではなく、妊娠線予防クリームの正しい塗り方では、一度手のひらに適量を出して、そこからお腹の肌へと塗ることです。塗り始めはサイドからではなく、お腹の真ん中からクリームを塗り始めて、だんだんと脇腹方向へと広げていきます。強い力ではこすらないで、広げるときにも優しい力で、クリームを脇腹へと塗り広げることです。クリームのついた手のひらは、お腹の下に当てて、今度はなれるように上からも塗ります。しっかりとお腹の肌にクリームが行き届いたら、時計回りに両方の手のひらを利用して、マッサージをすると良いです。効果的な方法としては、最初から妊娠線予防の商品を選ぶときに、浸透性に優れている商品を選ぶと、マッサージも特には必要はなくなります。妊娠中も忙しい女性はありますので、浸透性重視で選ぶのも一つです。お腹の肌へのお手入れをするのは、肌が清潔な時が最も良いですから、バスタイムの後に行うようにします。入浴をすると体はポカポカと温まっていて、血行の良い状態でもありますので、妊娠線予防クリームを塗るにも良いタイミングです。