産後に後悔しないために【妊娠線の予防法を知ろう】

お腹は優しい力でお手入れ

後で困らないためにも妊娠線予防クリームを使うのは建設的ですし、正しい塗り方でより効果を高めていくことです。お腹の肌への効果的な成分は、肌の乾きをノックアウトする、高い保湿成分配合を選ぶのが良い選択になります。

産後に後悔しないケア方法

カップル

保湿と体重管理が肝心

妊娠してお腹が大きくなってくると、我が子の成長を実感できて喜びも大きくなります。しかし、お腹が大きくなってくると気になるのが妊娠線です。妊娠線は一度出来ると消えにくく、産後に残ってしまうため8割以上の妊婦さんが気にしていると言われています。妊娠線を予防するためにはどのようなケアを行うと良いのでしょうか。そもそもなぜ妊娠線は出来てしまうのでしょうか。妊娠線は妊娠経過により、急激にお腹が大きくなることに皮膚の組織が対応できず、皮下組織に亀裂が生じることでおきます。また、妊娠によるホルモンバランスの変化により、皮下組織が硬くなることも原因のひとつです。一度出来ると消すことが難しいため予防することが大切です。妊娠線を予防するために大切なことは体重管理と保湿です。妊娠線はお腹が急激に大きくなるときに生じるため、急激な体重増加が起こらないように、体重管理にしっかりと取り組みましょう。かかりつけの病院で言われている体重管理をしっかりと守ることが大切です。次に行いたいのがクリームやオイルを使用して、お腹の皮膚の保湿を行うことです。クリームやオイルを選ぶときには保湿力が高いものを選び、肌に浸透しやすいものを選ぶようにしましょう。クリームやオイルを塗った上からやさしくマッサージをするとより効果があります。添加物や刺激の少ないオーガニックや無添加のものを使用する方が良いですが、妊娠線予防の保湿ケアは妊娠が判明したときから出産まで継続して使用するものなので、継続して購入できる価格帯のものを選ぶことが大切です。

お腹

正しい選び方でケアしよう

妊娠で大きくなるお腹の皮膚が、その引っ張りに耐えられずにできてしまう亀裂が妊娠線です。妊娠線は一度できてしまうと出産しても消えないため、作らないことが一番の対策となります。そのためには妊娠線予防のために作られた対策クリームを、上手に選ぶことが大事です。

クリーム

一番の目的は保湿

妊娠した女性にとって大きな悩みとなる妊娠線は、毎日のケアがもっとも重要です。皮膚にしっかりと保湿を行うことが、真皮層での断裂を防ぐことになるためで、妊娠線予防の専門のクリーム以外にも、保湿効果の高いオイルやローションなどがあります。